はじめに

2023.07.25 2022.12.22

山あいの町

伊藤謙介  私は山あいの町で生を受けました。 中国山地の奥深く抱かれ、清流に沿って縫うように走る街道の両側に、張りつくように民家が立ち並んでいました。   そんな田舎町に、日華事変の年に生まれ、太平洋戦争の開戦を四歳で...

『みんな、子供だった』

『みんな、子供だった』 Toutes les grandes personnes ont d'abord été des enfants, mais peu d'entre elles s'en souviennent...

最近の記事

書庫

おとなはみんな子共だった

おとなはみんな子共だった

『みんな、子供だった』
「おとなは、だれも、はじめは子どもだった。」
(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、
 いくらもいない。)
『星の王子さま』 サン=テグジュペリ

「恋」の記憶というものは、その時の「あなた」を思い出せる、思い出したいということだ。だから、思い出せない「色の事」は…(色は匂へど散りぬるを我より)

続きを読む

『みんな、子供だった』
Toutes les grandes personnes ont d’abord été des enfants, mais peu d’entre elles s’en souviennent.
「おとなは、だれも、はじめは子どもだった。」...

続きを読む

私の幼少期を語るには父のことに触れざるを得ません。なにしろ、私が誕生した時、父はすでに50歳でした。父は明治27年、日清... (昭和の大家族の風景 より)

続きを読む

おとなはみんな子共だった

WEB遊歩人

WEB遊歩人

時を越えて、世代を越えて
技術や情報、先人の叡智や知識、知見を
後世の人々に伝えるために

ほしい人に必ず読んでいただける本として

本は、時代とともにその形を変えてきました。
パソコンが各家庭に普及し、インターネットのネットワークがどんどん広がる中、本や読書のスタイルは変わり続けています。
2002年「新しい本」の世界を作り上げたいという思いから『遊歩人』が生まれました。
ほしい人に必ず読んでいただける本としてあり続ける ―
『遊歩人』の挑戦はこれからも続きます。

WEB遊歩人

三百字小説

三百字小説

たかが300文字、
されど300文字。
一息サイズの小説世界を、お楽しみください。

たかが300文字、されど300文字。

「小説」を名乗っていますが、虚構(フィクション)に限らず、内容は自由。
ある種の実話や夢日記のようなノンフィクション…世間話や日々の生活にまつわる感想、批評…面白目撃談やあるあるレポート…
文字数が300以内であれば、何をどのように表現するかは、作者の着想、着眼、アイデア次第です。

三百字小説

ターザンと蝮と母のこと

 中村幸雄   ボクが生まれた育ったところは、埼玉県南西部にある所沢市です。自慢できる産業も名物もなく、極めて地味な土地柄です。初めて会った人たちの前で自己紹介するとき、「生まれは有楽町です」というとかなりの確...

甘くならない記憶

金盛噤次郎 兎追いしかの山、というほどではありませんが、昔、子ども時代を過ごした街並みや遊び場所の記憶を、あれこれ思い起こす作業は、たとえ懐古趣味と笑われようと、甘く楽しい作業ではありませんか。 久しく米国出向が続いてい...

三角ベース

森 紘一  昭和25~26年ころ(わたしの小学生時代)、横浜の下町には空き地があちこちにあった。メンコやベーゴマ、相撲や竹馬乗りなど、近所の子どもたちと暗くなるまで遊んだものである。なかでもバットを使わない、三塁ベースの...

我が初恋の行方

                      長富忠裕  昭和一九年。私は生まれました。  小学校に入るまで私の町には幼稚園がなかったので、ほぼ無菌状態で小学生になりました。  同じクラスにとても可愛い女の子がいました。私...

松江城が遊び場だった

                      内藤伸之  昔、女ありけり。病親の介護とて西の国出雲へ・・・。祖父・伸の世話をしに松江へ行くという母に、父は「東京を離れたくない。別れよう。」父・四郎は師匠の長女をもらい養子に...

脱腸帯と天花粉事件

阿部年雄  広島への原爆投下当日、建物の疎開作業に動員されていた母が爆心地からわずか1.5キロで被爆、顔や手などに大やけどを負った。前年に17歳で陸軍中尉だった父と結婚、わずか1週間の新婚生活もつかの間に父は任地の満州へ...

思い出すままに

鎌倉勤(猿楽町の長老)   小生、当会例会の定席である蕎麦の名店浅野屋さんのすぐ裏手に住んでいるが、神田っ子でも江戸っ子でもない。但し、オカアちゃんは生粋の神田っ子。小生はサザエさんのマスオ。九州は宮崎の山出しである。...
広島原爆ドームの画像

戦争の風景

寺本幸司(音楽プロデューサー) 昭和十二年(一九三七年)七月七日、中国の北京市郊外の永定河にかかる盧溝橋で日中両軍が衝突し、太平洋戦争に繋がる日中戦争の発端となった。妻子ある者を問わず、日本全土に徴兵令が下り、多くの男た...