はじめに

2023.07.25 2022.12.22

山あいの町

伊藤謙介  私は山あいの町で生を受けました。 中国山地の奥深く抱かれ、清流に沿って縫うように走る街道の両側に、張りつくように民家が立ち並んでいました。   そんな田舎町に、日華事変の年に生まれ、太平洋戦争の開戦を四歳で...

『みんな、子供だった』

『みんな、子供だった』 Toutes les grandes personnes ont d'abord été des enfants, mais peu d'entre elles s'en souviennent...

最近の記事

書庫

おとなはみんな子共だった

おとなはみんな子共だった

『みんな、子供だった』
「おとなは、だれも、はじめは子どもだった。」
(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、
 いくらもいない。)
『星の王子さま』 サン=テグジュペリ

「恋」の記憶というものは、その時の「あなた」を思い出せる、思い出したいということだ。だから、思い出せない「色の事」は…(色は匂へど散りぬるを我より)

続きを読む

『みんな、子供だった』
Toutes les grandes personnes ont d’abord été des enfants, mais peu d’entre elles s’en souviennent.
「おとなは、だれも、はじめは子どもだった。」...

続きを読む

私の幼少期を語るには父のことに触れざるを得ません。なにしろ、私が誕生した時、父はすでに50歳でした。父は明治27年、日清... (昭和の大家族の風景 より)

続きを読む

おとなはみんな子共だった

WEB遊歩人

WEB遊歩人

時を越えて、世代を越えて
技術や情報、先人の叡智や知識、知見を
後世の人々に伝えるために

ほしい人に必ず読んでいただける本として

本は、時代とともにその形を変えてきました。
パソコンが各家庭に普及し、インターネットのネットワークがどんどん広がる中、本や読書のスタイルは変わり続けています。
2002年「新しい本」の世界を作り上げたいという思いから『遊歩人』が生まれました。
ほしい人に必ず読んでいただける本としてあり続ける ―
『遊歩人』の挑戦はこれからも続きます。

WEB遊歩人

三百字小説

三百字小説

たかが300文字、
されど300文字。
一息サイズの小説世界を、お楽しみください。

たかが300文字、されど300文字。

「小説」を名乗っていますが、虚構(フィクション)に限らず、内容は自由。
ある種の実話や夢日記のようなノンフィクション…世間話や日々の生活にまつわる感想、批評…面白目撃談やあるあるレポート…
文字数が300以内であれば、何をどのように表現するかは、作者の着想、着眼、アイデア次第です。

三百字小説

山あいの町

伊藤謙介  私は山あいの町で生を受けました。 中国山地の奥深く抱かれ、清流に沿って縫うように走る街道の両側に、張りつくように民家が立ち並んでいました。   そんな田舎町に、日華事変の年に生まれ、太平洋戦争の開戦を四歳で迎...

B29を見た男     浜井 武

一九三八年(昭和十三年)生まれの私は、敗戦の日を、小学一年生のとき、二度目の疎開地だった愛知県の山奥で迎えました。 祖父が日本の植民地政策に乗っかって、満州と朝鮮に、「大阪屋号書店」という出版社兼取次業(戦後の取次店・大...

ガキのころ       土山勝廣

「おまえ、俺の子供の頃の話、聞きたいか?」 「別に、聞きたかねえな」 「そりゃそうだろう。他人のガキの頃の話なんて、興味ないからな」 「なにか、特別面白い話でもあれば別だが」 「面白い話って、どういうことだ?」 「たとえ...

パンツ泥棒          藤野健一

小学五年生の夏休みの事だ。 家の近くにある私立の中学校が、夏の期間中プールを安い料金で一般に開放した。昭和二十年代のことで、まだプールは珍しく、おとなも子供も涼を求めて押しかけた。大盛況で、泳ぐというより水に浸かるだけの...

コロナ感染でよみがえるあの日あの頃   阿部剛

7月4日アメリカ独立記念日、バカでかい星条旗をグランドいっぱいに広げ、さあ、大谷翔平がアストロズ戦先発投手だあ。例によって奪三振ショーで浮かれていたが、エンジエルスのアホ打線が鳴かず飛ばず。結局ボロ負け。毎度のことながら...

昭和の大家族の風景    岡崎正隆

私の幼少期を語るには父のことに触れざるを得ません。なにしろ、私が誕生した時、父はすでに50歳でした。父は明治27年、日清戦争の年に生まれたのです。因みに、芥川龍之介は明治25年生まれ。 父と私の年の差は50歳、パパと呼ん...

そして名古屋の子どもたち    校條 剛

元・新潮社       今回は、私の幼少期の思い出を書いてほしいというリクエストです。 私は小学校を五回変わっています。東京杉並区沓掛小学校に入学し、卒業したのもやはり杉並区の桃井第二小学校...

子どものころのオリンピック    齋藤俊夫

元・電通 私が初めてオリンピックに出会ったのは、メルボルンオリンピックの時で、その時小学校3年生であった。その前はヘルシンキであるが、五歳なのでほとんど覚えていない。メルボルン五輪ではラジオ放送があり、水泳の中継をよく憶...