はじめに

2023.07.25 2022.12.22

山あいの町

伊藤謙介  私は山あいの町で生を受けました。 中国山地の奥深く抱かれ、清流に沿って縫うように走る街道の両側に、張りつくように民家が立ち並んでいました。   そんな田舎町に、日華事変の年に生まれ、太平洋戦争の開戦を四歳で...

『みんな、子供だった』

『みんな、子供だった』 Toutes les grandes personnes ont d'abord été des enfants, mais peu d'entre elles s'en souviennent...

最近の記事

書庫

おとなはみんな子共だった

おとなはみんな子共だった

『みんな、子供だった』
「おとなは、だれも、はじめは子どもだった。」
(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、
 いくらもいない。)
『星の王子さま』 サン=テグジュペリ

「恋」の記憶というものは、その時の「あなた」を思い出せる、思い出したいということだ。だから、思い出せない「色の事」は…(色は匂へど散りぬるを我より)

続きを読む

『みんな、子供だった』
Toutes les grandes personnes ont d’abord été des enfants, mais peu d’entre elles s’en souviennent.
「おとなは、だれも、はじめは子どもだった。」...

続きを読む

私の幼少期を語るには父のことに触れざるを得ません。なにしろ、私が誕生した時、父はすでに50歳でした。父は明治27年、日清... (昭和の大家族の風景 より)

続きを読む

おとなはみんな子共だった

WEB遊歩人

WEB遊歩人

時を越えて、世代を越えて
技術や情報、先人の叡智や知識、知見を
後世の人々に伝えるために

ほしい人に必ず読んでいただける本として

本は、時代とともにその形を変えてきました。
パソコンが各家庭に普及し、インターネットのネットワークがどんどん広がる中、本や読書のスタイルは変わり続けています。
2002年「新しい本」の世界を作り上げたいという思いから『遊歩人』が生まれました。
ほしい人に必ず読んでいただける本としてあり続ける ―
『遊歩人』の挑戦はこれからも続きます。

WEB遊歩人

三百字小説

三百字小説

たかが300文字、
されど300文字。
一息サイズの小説世界を、お楽しみください。

たかが300文字、されど300文字。

「小説」を名乗っていますが、虚構(フィクション)に限らず、内容は自由。
ある種の実話や夢日記のようなノンフィクション…世間話や日々の生活にまつわる感想、批評…面白目撃談やあるあるレポート…
文字数が300以内であれば、何をどのように表現するかは、作者の着想、着眼、アイデア次第です。

三百字小説

A rainbow William Wordsworth My heart leaps Up when I...

地下に輝く黄金の上で

                                          成田守正 地下に輝く黄金の上で育った。滅すればそこへ帰る――と口には出さないものの、内心では思ってきた。三歳から十三歳まで宮城県の大谷鉱...

母のこと、そしてあの時

藍野裕之   4歳ちがいの弟とお袋を病院に連れて行った。腰は曲がり、杖を突いて歩くのにも苦労していたが、まだ手を引くほどではなかった。駐車場でお袋をおろし、前を歩くお袋にふたりでついて行った。「ずいぶん小さくな...

トンビやウグイスがいた、あの日

                                 草野頼子 六十年ほど前、まだ私が幼かったころ、好天の青空にはときおりトンビが滑空していました。春先になると庭の木にウグイスがやってきて、ケキョケキョと拙か...

アキラの豪速球

  藍野裕之   わたしは東京・池袋に生まれた。西口をしばらく歩いて立教大学の近くの四畳半のアパートに住んでいたらしい。千葉の九十九里から東京に出てきた親父は、池袋で鳶になった。「三越の工事を請け負っ...

至福と苦痛の七分間

和氣元  まだ麻雀も知らぬ小学五年のころ、四人組のガキどもはいつも一緒でした。 「ジャラ」は質屋の長男で、親父さんが笑いながら言うには、逆子で産まれそうになったので、これはまずいと親父さんは、手元にあった何枚かの小銭を掌...

きみが嘘をついた

坂崎重盛  ちょっとした言い逃れのためや、さらに悪質なオレオレ詐欺、議事堂でのお偉いさんまで、大人の嘘は日々、アクビが出るほど見聞きしているが、どっこい、子供だって嘘をつく。  いや、現実と想像の世界が、きちんと分化して...

夕陽ふたつ

 山田幸伯   この八月で満六八になる。ちょうど四〇年前に死んだ父は五八だったから、親よりまる一〇年生き延びた勘定になる。 この歳になっても少年時代の夢をよく見る。ほとんどは中学、高校の頃の情景で、なぜかそれよ...