Web遊歩人

Web遊歩人

蚤の眼 大世界史 365 ❾ 9月9日

  • 2010年9月16日 18:08

大宝律令ができる。(701年・大宝1年)
まあ諸説ありますがこの日にむかい8月頃からいろいろやってきて、二官八省ができた。中央集権体制ができたというわけです。奈良時代の人口は推定で550万人というからなかなかのもんです。それで、お役人が偉そうにしていたのはこの頃からってわけだ。
正午を知らせるドンはじまる(1871年・明治4年)
毎日お昼を知らせる号砲が江戸城から響き渡った。ドーンとなったから、どんといわれた。日曜日のことはドンタクといったので土曜日のことを「半ドン」といた。おそらく、半日休みにして半分ドンタクで、半ドンとなったのだろうか。池田弥三郎さんによれば「半ドンは午後のドンだ」と思っていたという。もちろん東京の人だけが聴いていたので全国ではどうだったのだろうか。結局、このドンは半世紀にわたって鳴り続けた。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)