Web遊歩人

Web遊歩人

蚤の眼 大世界史 365 ❷ 9月2日

  • 2010年9月2日 16:52

ベトナム民主共和国成立(1945年・昭和20年)
臨時政府主席はホー・チミン。いわゆる北ベトナムこれから長い独立戦争への道のりをたどるわけである。
日本降伏文書に調印(1945年・昭和20年)
東京湾に停泊する戦艦ミズーリ号上にて、全権大使重光葵、梅津美治郎が調印した。随行した加瀬俊一氏は「早朝、首相官邸に集合し、東久邇宮首相、近衛公爵などと水盃をかわしてしゅっぱつした。横浜までの沿道は一望の焦土で、国破れて山河もない。われわれは恐らく途中で憂国者のてにかかって、路上に屍を並べるだろうと覚悟していた。それゆえの水盃である。私の老母は、せめて肌着だけは新しいものを、と気を配ってくれた」と記している。その折の演説はわずか3分であったという。
「この厳粛なる機会に、過去の出血と殺戮の中から信仰と理解に基礎づけられた世界が、人間の尊厳とその抱懐する希望のために捧げられたよりよき世界が、自由と寛容と正義のためにうまれ出ることが、私の希望することであり、また全人類の願いでもある」
ようやく太平洋戦争が終わった。なんだかぼんやりしてしまった、と誰かがいっていた。
ニコヨン町長当選す。(1962年・昭和37年)
滋賀県能登川町長選挙で日雇いにんぷの中村人生氏が当選を果たした。 植木等の無責任男が流行った時代のせいだろうか。まぁ目出度いことじゃないですか。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)